冬にオススメ!一度は試してみたいホットウイスキー

冬にオススメ!一度は試してみたいホットウイスキー

寒い季節には、ホットウイスキーを飲んで心も体も温めましょう。意外なおいしさにホットウイスキーの虜になってしまうかもしれません。冷え性でお困りの女性も必見です。

ホットウイスキーについて

冬にオススメ!一度は試してみたいホットウイスキー
ウイスキーを温めることで香りが際立ち、味もまろやかになります。レモンや蜂蜜などを加えて一工夫することでよりおいしく飲むことができるのがホットウイスキーの魅力です。
ホットウイスキーには、「ホット・ウイスキー・トゥデイ」というカクテルがあり、欧米において風邪をひいた時に飲む週間があったといわれています。
オーストラリアでは、生姜を加えた「ホット・ジンジャー・ウイスキー」というカクテルもあります。
ホットウイスキーの代表的な飲み方はウイスキーのお湯割りです。
ウイスキーを耐熱グラスまたはカップに注いで、お湯で割れば出来上がります。ウイスキーとお湯は1:3で割り、お湯は80℃が適温です。すると、ウイスキーの香りが華やかに広がり、味わいもまろやかになります。

ワンポイント!

お湯はゆっくり注ぐことが重要です。お湯を勢いよく注ぐと、香り成分が一瞬で立ち昇ってしまいます。そのため、ウイスキーの香り成分とお湯がなじむようにゆっくり注いでください。

ホット・ウイスキー・トディ

ホットウイスキーカクテルの定番です。
ウイスキーなどに甘みを加えて水で割る飲み方を「トディ」と呼びます。

作り方

材料
ウイスキー:70ml
お湯:50ml
レモンのスライス
角砂糖:適量

  • 角砂糖を少量のお湯で溶かしてからウイスキーを入れます。お湯を注ぎ軽くかき混ぜてレモンのスライスを添えれば出来上がりです。
  • お好みで、シナモンやクローブを加えても合います。

ホット・ジンジャー・ウイスキー

ウイスキーのアルコールによって血行が良くなり、生姜パワーで体がぽかぽかします。

作り方

材料
ウイスキー:30ml
お湯:適量
すりおろし生姜:適量
蜂蜜:適量

  • 耐熱グラスまたはカップに、蜂蜜を少量のお湯で溶かしてからウイスキーを入れ、お湯を注いでかき混ぜます。
  • 最後にすりおろし生姜を加えれば出来上がりです。

ホット・ウイスキー・ティー

このカクテルはアイルランド発祥で、日常的に飲まれているといわれています。また、一部において「アイリッシュ・アフタヌーン」とも呼ばれています。

作り方

材料
アイリッシュ・ウイスキー:20ml
温かい紅茶:適量
アマレット:10~20ml
グレナデン・リキュール:10ml

  • 耐熱グラスかカップにアイリッシュ・ウイスキー、グレナデン・リキュール、アマレットを加え、これらの香りが飛ばないようゆっくり温かい紅茶を加えて軽くかき混ぜます。
  • お好みでシナモン・スティックを添えると良いです。

アイリッシュ・コーヒー

アイリッシュ・ウイスキーをベースとしたカクテルで、有名なホットウイスキーカクテルの一つです。

作り方

材料
アイリッシュ・ウイスキー:30ml
ホットコーヒー:適量
角砂糖:2~3個
生クリーム:適量

  • 耐熱グラスまたはカップにホットコーヒーを注ぎ、角砂糖を加えます。
  • アイリッシュ・ウイスキーを注いで軽くかき混ぜます。
  • 最後に生クリームを浮かべれば出来上がりです。

ホットウイスキーとチョコレート

冬にオススメ!一度は試してみたいホットウイスキー
ホットウイスキーを飲みながらチョコレートを食べると、口の中でチョコレートが溶けてウイスキーに隠れた甘みや香りがより際立つのです。今まで感じたことのないおいしさを感じることができるかもしれません。

 

おわりに

ホットウイスキーはレモンなどの柑橘類との相性が抜群です。シナモン・スティックやバジルといったハーブ類、ジャムなども合います。
あなただけのオリジナルのホットウイスキーを見つけてください。