ダイエット中には避けたほうがいい?ウイスキーのカロリーと糖質

ダイエット中には避けたほうがいい?ウイスキーのカロリーと糖質

ダイエットはしている。けれども好きなウイスキーは楽しみたい・・・そう考える人はきっといるでしょう。
これから痩せようと考えている人にとって、お酒は大敵とも言われていますが、飲まなければやっていられない時もありますし、禁酒を考えるほどのダイエットは長続きしません。

そこでお酒のカロリーのことを知って、晩酌もダイエットもストレスなく楽しめるようにするのはいかがでしょうか。

ここでは、気になるウイスキーのカロリーと糖質について紹介します。

カロリーの低いお酒、カロリーの高いお酒

お酒は大きく分けて2種類あります。

蒸留酒

純粋なアルコールや純粋なアルコールを薄めたお酒のことで、ウイスキーや焼酎などが代表的な蒸留酒です。

 

醸造酒

純粋なアルコールと糖質を含んだお酒のことで、ビールや日本酒、ワインなどが代表的な醸造酒です。醸造酒には糖質が含まれるため、カロリーが高くなってしまいます。

このように、ダイエットをしている時は蒸留酒が適しているということになります。

 

お酒のカロリー

100mlアルコール度数(%)カロリー(kcal)
ウイスキー43241
ブランデー43241
ビール542
赤ワイン1280

一般的に100mlあたりのカロリーが高いとされているのは、ウイスキー・ブランデーなどの蒸留酒です。ビールといった醸造酒のカロリーは蒸留酒よりも低いですが、これは100mlを指しています。
アルコール度数の高いウイスキーを100ml以上飲むことはほとんど無いでしょう。
ご存じの通り、それぞれお酒によって1杯として出される量も異なります。
生ビール中ジョッキの場合500ml程、焼酎のストレートの場合70ml程、ウイスキーのシングルの場合30ml程で1杯分。
ビールなどアルコール度数の低いお酒は、1杯だけでは満足できずおかわりしてしまいますよね。

ダイエット中にお酒を飲む場合、低カロリーでアルコール度数の高いもの・・・すなわちウイスキーは少ない摂取量で満足できます。

 
また、ビールの原料「ホップ」の苦味成分には肝臓機能を促す働きがあるとともに、食欲を増進させる効果があります。ダイエット中なのにも関わらず食欲が出てしまったら元も子もないです。
ダイエット中には避けたほうがいい?ウイスキーのカロリーと糖質
できれば、みんなで乾杯する1杯目のビールは避けてハイボールにしてみてはいかがでしょうか?

 

お酒は太る?

ダイエット中には避けたほうがいい?ウイスキーのカロリーと糖質
お酒を飲むと太るという話ってよく聞きますよね。
結論からいいますと、お酒を飲んだから太る訳ではなく「お酒と一緒に摂取したカロリー」によって太るのです!

アルコールのカロリーは「エンプティーカロリー」と呼ばれ、飲んでも体に吸収されにくいカロリーです。
アルコールから摂ったカロリーを優先的に消費し、お酒と一緒に食べた軟骨の唐揚げなどのカロリー消費は後回しになります。
カロリー消費が後回しとなったものが体内に蓄積されることで、太る原因となるわけです。
居酒屋さんのメニューには唐揚げやポテトなどカロリーの高い揚げ物が多いと思うので、おつまみにも気を付けると良いでしょう。

 

太らないために、自分の適量を知る

アルコールの適量は、年齢や体質など個人差がありますが、ダイエット中の場合、1日あたり100~200キロカロリーが目安とされています。
例を挙げると、ビール中ビン1本・焼酎1合・ウイスキーダブル1杯といった具合になります。

 

ウイスキーに関する余談

ダイエット中には避けたほうがいい?ウイスキーのカロリーと糖質
赤ワインには「ポリフェノール」が含まれていますが、実はウイスキーにも含まれているのです。無色透明な原種(ウイスキー)を樽の中に入れて熟成させます。その過程で、樽の成分が溶け出し、無色透明だった原種が琥珀色になり、ここでポリフェノールが作られます。そして、ウイスキーのもつポリフェノールには、尿酸の代謝や血糖値を抑制し、尿酸排出を促す働きがあるのです。このことから、糖尿病などの予防にも繋がります。

 

おわりに

ウイスキーのシングルのカロリーは70キロカロリー程で糖質を含んでいないため、摂取しても太りにくいです。
ダイエット中は好きなものが食べられなかったり、お酒の席をさけたいと思ってしまったりするかと思います。ですが、食べ物・飲み物に気を付ければ体重が増えるという心配はそこまでしなくても大丈夫です。

飲み過ぎず、楽しい時間をお過ごしください。