いつもと違ったスタイルで・・・ウイスキーフロートの作り方

いつもと違ったスタイルで・・・ウイスキーフロートの作り方

見た目が美しく、ウイスキーをストレートから水割りまでいっぺんに楽しむこともできるのが、ウイスキーフロートです。

ウイスキーフロートの特徴

ウイスキーと水の比重を利用して作るカクテルが「ウイスキーフロート」です。グラスの上に琥珀色のウイスキー、その下に透明なミネラルウォーター、眺めているだけでも楽しい魅力的なカクテルでもあります。
ウイスキーフロートは、琥珀色と透明な二層が織りなす色合いが特徴です。初めはストレート、次にロック、最後に水割りといった具合に時間をかけて異なる飲み方が愉しめます。

 

ウイスキーフロートの作り方

  • グラスに6~7割り程ミネラルウォーターを注いだら、水の動きが止まるまで待ちます。
  • 水の動きが止まったら、グラスと水面の接点に、マドラーやバースプーンなどの先端を付け、ウイスキーを静かに伝い落とします。

ウイスキーフロートを上手く作るにはちょっとしたコツが必要ですが、成功すれば美しいカクテルになります。

 

綺麗な層が出来る理由

なぜ、ウイスキーと水が混ざらずに綺麗な層ができるのかといいますと、ウイスキーと水の比重が異なり、ウイスキーの方が比重が軽いからです。ちなみに、水の比重が1.00に対し、ウイスキーの比重は0.92になります。

また、ウイスキーよりも比重が重いものであれば、水に限らずウイスキーフロートを作ることができます。

 

ハイボール風ウイスキーフロート

いつもと違ったスタイルで・・・ウイスキーフロートの作り方
初めはロック、次にハイボールといった具合に楽しめるカクテル。

作り方
ウイスキー
ミネラルウォーター

  • グラスに氷をたっぷり入れます。
  • グラスの7分目まで、水8:ウイスキー2のハイボールを作ります。
    ※ハイボールの水面とグラスの接点にバースプーンやマドラーをあてて静かにウイスキーを注ぎます。

 

スーパーハイボール

味と香りが変化するウイスキー好きを唸らせるおすすめのカクテル。

作り方
ブレンデッド・ウイスキー:30ml
シングルモルトウイスキー:10ml
炭酸水:適量

  • グラスに氷をたっぷり入れます。
  • ブレンデッド・ウイスキーと炭酸水を加えます。※炭酸水を加える時はゆっくり加えましょう。
  • 炭酸が抜けないよう軽くかき混ぜます。
  • バースプーンやマドラーを使ってシングルモルトウイスキーを静かに注ぎます。

 

いつもと異なるスタイルでウイスキーを楽しむ

いつもと違ったスタイルで・・・ウイスキーフロートの作り方

カウボーイ

ウイスキーと牛乳を割ったカクテルで、アイルランドやスコットランドで古くから愛され飲まれてきました。やや辛口でミルクのなめらかな口当たりが特徴です。アイスはもちろん、ホットでも楽しめます。

作り方
ウイスキー:40ml
牛乳:100ml
砂糖:適量
ナツメグ:適量

  • 氷の入ったグラスにウイスキーを注ぎ、牛乳を加えます。
  • お好みで、砂糖やナツメグを加えれば出来上がりです。

 

ヘアー・オブ・ザ・ドッグ

蜂蜜と生クリームをふんだんに使ったカクテルです。
聞き慣れない名前のカクテルですが、「犬の毛」を意味しています。スコットランドの一部において、犬に噛まれたらその犬の毛を傷口にあてると良いという言い伝えから、「ヘアー・オブ・ザ・ドッグ」と名付けられました。このことから、酒には酒をという「迎え酒」を意味しています。

作り方
スコッチ・ウイスキー:30ml
蜂蜜:15ml
生クリーム:15ml

  • スコッチ・ウイスキーをシェーカーに注ぎます。
  • 生クリーム・蜂蜜をシェーカーに注いでから、氷を入れてシェイクします。

ワンポイント!
混ざりにくい材料で構成されているので、生クリームにしっかりと空気を送り込み、ふんわりと仕上げましょう。

 

オン・ザ・かき氷

作り方
かき氷
シロップ
ウイスキー

  • かき氷にシロップをかけ、適量のウイスキーを注げば出来上がりです。
  • 氷が少なくなってきたら、炭酸水を注げばハイボールとして楽しめます。

 

おわりに

ウイスキーフロートは一杯で3種類の味が愉しめるのが良いところです。
この機会に、ご自宅でウイスキーフロートを作ってみてください。